質草の預け方と返済のシステム

なぜ質屋からお金が借りられるのか?そのシステム

質屋の使い方とメリット

質草の預け方と返済のシステム

借金のかたに、親父の形見の時計を質に入れる・・・

なんて話を昔はよく聞いたものです。

質屋に行くなんて、お金に苦しむ者の代名詞みたいなイメージでした。

しかし、そもそも質屋とはどんなところなのでしょうか?

質屋には、実は非常に古い歴史があるんです。

世の中に、この職業が誕生してから、700年とも言われています。

昔から人々の生活を支えてきた仕事なんですね。

当時から庶民にとって、お金が必要になったときは、質草を担保にお金を借りるというのが日常でした。

その本業は、客は自分個人の服や骨董品、その他の品を質草として預け、その品の価値の範囲内のお金を貸す、というものです。

借りたお金と利息を3ヶ月の期限内に返すことができれば、再び、その品は、自分の手元に返ってきます。

しかし、もしお金と利息を返すことができなければ、その品の所有権は自動的にお店の物となるのです。

これがいわゆる「質流れ」と言われるもので、客は、借りたお金を返済する義務はなくなります。(参考サイト:こだわる人のためのネット質屋情報http://www.bebioethic.com/)

もちろん、返済の請求などは一切ありません。

ですから、自分の資力内、財産内で、お金を借りられるシステムですので、カード地獄のように借金が増え続けることはありません。

質屋とは、非常に堅実で安心してお金を借りることができる場所なのです。

▼ 関連ページ
中古車フィアット

Copyright (C) www.hireinsightselect.com. All Rights Reserved.

質屋の使い方とメリット